No cinders remain in ashes, but

Reina Sugihara

5.22.21 - 6.27.21 Friday – Sunday

2021.5.22 Sat – 2021.6.27 Sun

 

緊急事態宣言中は、金土日のみ、13:00-19:00の開廊となりますのでご注意下さい。その他の日時につきましてはアポイントメント制とさせて頂きますのでお気軽にemailまたはインスタグラムのDMよりお問い合わせ下さい。

この度、LAVENDER OPENER CHAIRでは、杉原玲那の個展を開催いたします。東上野のアーティストランスペースimlaborのディレクターの1人でもある杉原にとって、これが初の本格的な個展となります。
このような時期ではございますが、ご無理のない範囲でお越し頂けますと幸いです。尚、5/31までは緊急事態宣言中のため、灯明は引き続き営業を自粛致しますので、飲食の提供はございません。ご了承下さい。またそれに伴い、営業時間も変更となっておりますのでお間違えのないようお願いいたします。

Reina Sugihara

B. 1988, Tokyo
Lives and works in Tokyo
Graduated with an MA in Painting from the Royal College of Art, having completed a BA at
Tokyo University of the Arts.
Her group exhibitions include: Under the auspices of n/a/s/l,Aguirree, Mexico City, 2021,
NADA MIAMI 2020, Misako and Rosen, Tokyo, 2020, FAKERS, Thames-Side Gallery,
London, 2018, The Barren Slope, Safehouse1, London, 2018, Degree Show 2018, Royal
College of Art, London, 2018, Living Room presented by imlabor and Cypher Collectives,
Safehouse 1&2, London, 2018, Time-Poor Dreamers, Cypher Space, Berlin, 201, etc…

1988年東京都⽣まれ。東京芸術⼤学を卒業後、イギリスのRoyal College of Artのペインティング科を2018年に修了。主な展⽰に 「Under auspices of n/a/s/l」AGUIRRE(メキシコシティ、2021)、「NADA MIAMI 2020」Misako and Rosen (東京、2020)「FAKERS」Thames-Side Gallery(ロンドン、2018)、「The Barren Slope」Safehouse1(ロンドン、2018)「Degree Show 2018」ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン、2018)、「Living Room presented by imlabor and Cypher Collectives」Safehouse1&2、(ロンドン、2018年)「Time-Poor Dreamers」Cypher Space(ベルリン、2018)など。